製品

AppIdentity

全アプリのユーザー アクセスを一元管理します。

概要

複数のユーザー、アプリケーション、そしてシステムにいくつもの認証情報が求められる現在、個人情報とアクセスの管理はビジネス テクノロジーの最重要課題の 1 つとなっています。AppIdentity は、企業がこの課題に積極的に取り組むお手伝いをします。最新の市場で最も安全かつ便利なクラウド体験をユーザーに提供しながら、クラウド リソースの消費を完全に管理することができます。 

シングル サインオン、ディレクトリ インテグレーション、ユーザー管理、そして何千ものインテグレーション済みアプリケーションなど、AppIdentity の強力なツール群を使用して、企業は生産性を高め、セキュリティを強化できます。

「AppDirect が提供するサービス型マーケットプレイスは、非常に優れた製品だと思います。AppDirect なら信頼性、アップタイム、パフォーマンスなどすべての面で堅固な基盤が手に入ります。疑問や問題が生じたことは一度もありません」

- ジョー・アン・バックナー氏, 製品管理担当副社長

シングル サインオン

SAML や OpenID などのオープン標準を使用したセキュアなシングル サインオンにより、エンドユーザーは AppDirect に 1 つパスワードを入力するだけで、すべてのアプリにただちにアクセスできます。ユーザー グループの作成と管理機能を使用し、ユーザーがパーソナル アプリを接続し、シングル サインオンで 1000 以上のインテグレーション済みアプリを選択できるようにしてユーザー管理をシンプルにします。

App Identity One Set Credentials

ディレクトリの即時アクセス

ディレクトリ インテグレーションを使って企業ディレクトリを AppIdentity にシームレスに同期します。既存のディレクトリからユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除を行い、予期しないダウンタイムの発生時には AppIdentity との完全冗長性を一時ディレクトリとして維持できます。

App Identity Directory Sync

セキュリティ アクセス制御

すべてのユーザーにユーザー権限、グループ、または所在地に応じた厳格な認証ポリシーを作成し、適用します。パスワードに含める文字の種類や複雑さ、必要な文字数、セッションのタイムアウト時間、およびログイン失敗の最大回数を定義し、パスワード ポリシーを強制します。

App Identity Security Access Control

認証情報の保管

セキュリティと利便性を高めるためパスワード資格情報コンテナで認証情報を暗号化します。これはシングル サインオンがサポートされないアプリケーションにアクセスする際に安全で便利な方法です。このソリューションではユーザーがパスワードをサーバー側で保管し、認証情報を Web ログイン ページに入力してシングル サインオンを維持することが可能です。


App Identity Store Your Credentials

全アプリのアクセス管理

ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除を使用し、すべてのユーザー管理機能を制御します。権限、グループ、アプリケーション アクセスなど、すべての管理を 1 つのインターフェイスで行い、AppIdentity ユーザーを Active Directory から直接プロビジョニングしたり、プロビジョニングを解除したりします。

App Identity Manage Access For Apps

さらに詳しい情報は次をクリックしてください。